代表的な生活習慣病

生活習慣病

過食、運動不足、喫煙や飲酒、睡眠不足や不規則な生活といった生活習慣によって発症・進行する慢性疾患の総称です。主な生活習慣病には、2型糖尿病、高血圧、脂質異常症(高脂血症)、高尿酸血症(痛風)などがあります。一つ一つは軽症でも、いくつもの疾患が重なることによって、各症状がひどくなったり、心臓病や脳卒中などの重大な疾患に結びついたりする危険性も高まるのです。ほとんどの生活習慣病は早期の自覚症状に乏しいのですが、一般的な健康診断で早期発見が可能です。一般的な生活習慣の改善で複数の生活習慣病予防や改善につながり、グレーゾーンの段階であれば、楽な制限でも効果が見込めます。
当院では、地域の「かかりつけ医」としてすでに生活習慣病と診断されている方の診療・管理を行っています。また、健康診断結果にご不安がある場合もご相談いただけますので、お気軽にいらしてください。そうした事態を招かないように、生活習慣を改善するための対策をとっていきましょう。

基本的には、どの病気であっても、生活習慣の改善、つまり食事療法と運動療法が中心であることは共通しています。必要と判断した場合には、薬物療法も行います。

こんな方に受診をおすすめしています

  • 健診や人間ドックで検査数値の異常を指摘された
  • 40歳以上
  • 肥満(20歳の時に比べて体重が10kg以上増えている)
  • 喫煙習慣がある
  • お酒を飲む機会が多い
  • 糖分が含まれた清涼飲料水をよく飲む
  • 運動習慣がない
  • 移動はほとんど車で、歩く機会が少ない
  • ストレスが多い
  • 睡眠時間が足りない
  • 朝食を抜いてしまう
  • 夜遅い時間に食事をすることがある
  • つい間食してしまう
  • 食事時間が不規則
  • 早食い
  • 濃い味付けが好き
  • 揚げ物など油分の多い食事が多い
  • ファストフードやインスタント食品を食べることが多い
  • 毎食、満腹になるまで食べてしまう
  • 野菜や果物をあまり食べない
  • など

2型糖尿病

糖尿病の診断

血液に含まれるブドウ糖が細胞にうまく取り込まれなくなって、血液中のブドウ糖が慢性的に過剰な高血糖になっています。高血糖が続くと全身の血管に大きな負担をかけるため、動脈硬化を進行させて心筋梗塞や脳梗塞のリスクを上昇させます。また、血糖コントロールが悪い状態が継続することは、神経障害、網膜症、腎症の三大合併症をはじめとした全身の合併症が出現する危険につながります。糖尿病を治療で完治させることはできませんが、血糖値をコントロールすることで血管への負担を減らし、体重、血圧、脂質を良好な状態に保つことで、合併症を予防して長く健康を維持することが可能です。早期に適切な治療を開始することで楽にコントロールできますので、健康診断結果にご不安がある場合は早めにご相談ください。なお、食事や運動の改善だけでは血糖値のコントロールが難しい場合には、内服薬やインスリン療法による治療が必要になります。また、当院では採血不要の自己血糖測定が可能なフリースタイルリブレも導入しております。

高血圧

血圧が慢性的に高い状態で、診察室血圧140/90mmHg以上・家庭血圧135/85mmHg以上が続く状態です。血圧が高いと心臓や血管に負担がかかり、心臓病、脳卒中を引き起こす原因になります。また、高血圧は全身の動脈硬化を進めます。動脈硬化による疾患(心筋梗塞、脳梗塞など)による死亡は、日本人の死因の約26%を占めています。
高血圧は多くは、塩分の過剰摂取をはじめとした食生活の問題、喫煙や飲酒、運動不足、ストレスなどが重なって発症すると考えられています。
高血圧治療では、食塩制限、適正体重の維持、定期的な運動といった生活習慣の改善が重要です。こうした生活習慣の改善は、他の生活習慣病の予防や改善にも効果的です。こうした食生活や運動では十分に血圧が下がらない場合には、患者様の状態に合わせた内服薬が処方されます。

脂質異常症(高脂血症)

血液に含まれる「コレステロール」や「中性脂肪」といった血液中の脂肪分が増えすぎて、血液がドロドロになった状態です。脂質異常症は、以前は「高脂血症」と呼ばれておりましたが、善玉のHDLコレステロールは数値が低いほど悪いので、今では「脂質異常症」と呼ばれています。脂質異常症は動脈硬化を進ませることで、心筋梗塞や脳卒中などの動脈硬化性疾患の主な危険因子となっています。遺伝子の異常が原因で発症する原発性脂質異常症と、続発性脂質異常症があります。続発性のものはエネルギー過多な食生活、喫煙・飲酒習慣、運動不足などの生活習慣が大きく関わっています。治療はまず、生活習慣の改善を行います。適正体重の維持、食物繊維が豊富で栄養バランスのとれた食事、有酸素運動の習慣化、禁煙・節酒や禁酒などです。これは、他の生活習慣病の治療にもつながります。生活習慣の改善で不十分な場合、薬物療法が必要になります。その方の年齢、性別、既往歴など総合的に判断して治療薬、治療目標を設定しております。

高尿酸血症(痛風)

高尿酸血症とは、血液中の尿酸が過剰になっている状態で、痛風は血液中の尿酸が関節内で固まって尿酸ナトリウム結晶が沈着し、炎症を起こした関節炎のことです。痛風発作がよく起こる部位は、第1中足趾節関節(足の親指の付け根)で、50-70%はこの第1中足趾節関節に生じます。尿酸値が高くても痛風発作を起こさないこともありますが、高尿酸状態が続くと慢性腎臓病の発症、進行にも関連します。
体内のプリン体合成および分解の亢進と、食事などで摂取するプリン体、アルコール、果糖によるとされています。プリン体を含む食品、アルコールをとりすぎないようにする食事療法、定期的な運動療法が効果的です。
尿酸値が高過ぎる場合、痛風発作を起こしたことがある方には、尿酸生成抑制薬や、尿酸排泄促進薬を処方します。急激に尿酸値を下げると痛風発作を起こす可能性があるので、少しずつ下げていきます。

脂肪肝

肝臓に脂肪がたまったフォアグラ状態のことです。今や日本人の3人に1人が脂肪肝といわれています。エコーなどの画像診断では、20%以上の肝細胞に脂肪が沈着した場合に脂肪肝と診断できます。従来は軽い病気と考えられてきましたが、最近、脂肪肝が肝硬変や肝臓がんへと進行する可能性があり、さまざまな生活習慣病のリスクも高めることがわかってきました。お酒を飲まない非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の場合には、肝硬変、肝細胞がんへ進行することもあります。

治療はメタボリックシンドロームのコントロールと肝障害の進展予防が主で、具体的には食事療法、運動療法を行うので、他の生活習慣病と共通です。生活習慣を改善しても、肝機能障害が持続する場合には、併存疾患などにあわせた投薬治療が必要になる場合があります。単なる脂肪肝と放っておかずに定期的な通院をおすすめします。

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)

お腹がポッコリ出ているタイプの内臓脂肪型の肥満の方は、肥満に加えて、高血圧や耐糖能障害、脂質異常症などの生活習慣病を重複して発症するケースが多くなっています。メタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満に加えて、血圧・血糖・血中脂質のうちの2つ以上が基準値を超えている状態のことです。

メタボリックシンドロームの診断基準

必須項目

内臓脂肪型肥満:ウエスト周囲径(立位・軽呼気時・臍レベルで測定)

  • 男性:≧85cm
  • 女性:≧90cm

上記に加えて

選択項目

下記3項目のうち2項目以上に該当

  • 高トリグリセライド血症: ≧150mg/dL かつ/または 低HDLコレステロール血症: <40mg/dL
  • 収縮期(最大)血圧: ≧130mmHg かつ/または 拡張期(最小)血圧: ≧85mmHg
  • 空腹時高血糖: ≧110mg/dL

メタボリックシンドロームでは、血糖、血圧、血中脂質などの検査数値がそれほど悪くなくても、危険因子が重なると、動脈硬化が進み心臓病や脳卒中の危険が高まることがわかっています。

登戸なかたに消化器・糖尿病内科
  • 診療科目:
  • 消化器内科
  • 内視鏡内科
  • 糖尿病内科
  • 内科

〒214-0014
神奈川県川崎市多摩区登戸2565番地1 イルマーレ2階

JR南武線、小田急小田原線「登戸駅」徒歩1分
小田急小田原線「向ヶ丘遊園」駅徒歩5分

044-900-3388
診療時間 日祝
9:00~12:30
15:00〜18:30

▲土曜午後の診療は15:00~17:00
中谷あゆみ医師の診察受付は平日16時まで。土曜日は休診です。

胃カメラ検査 日祝
9:00~12:30
16:30~17:30
大腸カメラ検査 日祝
13:00~15:00

TO TOP TO TOP